ブルーライトカット メガネの効果・デメリットは?
ブルーライトカットのレンズとは

ブルーライトをカットするためのレンズ。
ブルーライトとは、パソコンやスマートフォン、TVなどの液晶画面から出ている光で、目への刺激が強い光です。この光を長時間見続ける事で、目に痛みを感じたり、網膜・角膜をいためてしまう恐れもあります。仕事でどうしても長時間パソコンを見る必要がある場合や、スマートフォン・タブレットを長時間操作する方、携帯型ゲーム機やTVゲームをする方は、このブルーライトをできるだけカットする事が重要になってきます。パソコンの明るさや輝度を気持ち暗めに調整したり、液晶画面にブルーライト加工が施された保護フィルムを貼り付ける手段もありますが、プラスでメガネのレンズをブルーライトカット加工が施されたものに変える事によってカットは大きくなります。生きていく上でとっても大切な目の事なので、しっかり守ってあげましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3839024336690280"
data-ad-slot="7740028451"
data-ad-format="rectangle">

どこで買えばいい?

最近ではブルーライトカットのメガネは100円ショップでも扱われていますが、サイズも限られているのと、調整・フィッティングも出来ません。ので、気休め程度でしょう。販売しているのは度無しが多いでしょう。もし近視や遠視の度数が入っている出来あいの物が販売されていても、測定して調整した度数でない限りは目に悪く、逆に目が疲れてしまうのでオススメしません。やはり一番良いのは、やはりメガネショップでしょう。高い!と思う方も多いとは思いますが、プロの視力測定、フィッティング調整、メガネケース付、購入後のフレーム・レンズ保証等のアフターサービスを受けられるという事を考えれば妥当な気もします。


ブルーライトカットレンズの特徴

IMG_3896.JPG
この写真を見てみると、ブルーライトカットのレンズとノーマルのレンズの差がすぐに分かると思います。画像左のレンズの色が少し黄色がかっていて、レンズにうつる光の反射がブルーに光っています。これがブルーライト加工が施されたレンズです。画像の右のレンズはノーマルのタイプです。透明度が高く、レンズの反射もブルーには光っていません。メガネショップに行くと、レンズのサンプルなどが置いてある所もあります。おいてない場合も店員さんに頼めば見せてくれると思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3839024336690280"
data-ad-slot="7740028451"
data-ad-format="rectangle">

ブルーライトカット機能が付いたメガネの使用で逆に疲れる?

43692242_s.jpg
「ブルーライトメガネを購入して使ってみたけど、なんだか疲れるので使わなくなった」という意見も稀にあります。度数を入れていれば、度数が合っていない場合も考えられますが、度数が入っていない場合にもこう言った意見が上がることがあります。店頭でも、お客様から何度かそう言った意見を伺った事があります。私が個人的に思うのは、度数を入れずに使うという方は、パソコンやスマホを使う時だけ装着する方が多く、普段の私生活でメガネをかける習慣が少ないので、メガネをかけ慣れていない為、かけている時に感じるストレスから来る疲れでは?と思います。顔の中心部の鼻と側面の耳に乗っかった状態で使用するものですので、かけ慣れていない場合は相当な違和感を感じることでしょう。度が入っていなかったとしても、裸眼の時には感じない光の反射などもストレスの一つになると思いますので、度数が入っているメガネで疲れる場合はメガネ屋さんに度数調整へ。度なしで使って疲れてしまう人は慣れるまで忍耐が必要です。


ブルーライトの影響で睡眠障害になる可能性も?

C20F10_680_2.jpg
健康な方は疲れて布団に入り、横になればあれこれ考え事をする前にスムーズに入眠する体勢に入る事ができます。朝に目覚めて「気が付いたら眠っていた」という形が一般的な睡眠です。しかし最近では、そんな当たり前の睡眠が出来ず、気が付いたら寝ていた時に「相当疲れてたんだな」「久々に快眠できた」と思っている方がかなり増えてしまっています。それはいわゆる睡眠障害で、目や耳から入ってくる情報が多く、脳が興奮した状態で、寝ようとしているから眠れないという事です。少なくとも就寝前の1時間はブルーライトが出るような機器を扱わない事が一番に出来る対策です。ベットインして眠るまでの間に時間がかかってしまい、スマホやパソコンを見てしまう方は、スマホやパソコン等の使い方を考え直してみてください。あくまでもブルーライトカットのメガネはサポートするための物です。

メガネ・サングラスランキング

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3839024336690280"
data-ad-slot="7740028451"
data-ad-format="rectangle">